企画記事

ホンダ・世界初のカーナビに歴史的功績認定

 本田技研は3月2日、世界初の地図型カーナビシステムとして1981年に商品化した「ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ」(写真)がIEEEマイルストーンに認定されたと発表した。

 クルマの移動方向を検知する「ガスレートジャイロ」を採用した方向センサーを世界で初めて自動車用に実用化し、走行距離センサーやマイコンなどの組み合わせで移動方向と移動量を検出して現在位置を計算。透過型の地図シートがセットされたブラウン管に現在位置と自車の方位、走行軌跡を表示することでドライバーが進むべき経路の選択を容易にできるようにした。

 IEEEは米国本拠の電気・電子・情報・通信分野における世界最大の学会(世界190ヵ国以上に会員42万人超)。マイルストーンは開発から25年以上経過し、地域社会や産業発展に多大に貢献したとされる歴史的功績を認定する制度で、1983年に制定されて以来、世界で174件が認定されている。

 過去には東海道新幹線、黒部川第4発電所、アポロ月着陸船などが認定されているが、自動車産業界では初めて(ホンダ調べ)。地図型カーナビが世界中に普及し、ナビシステムの世界標準を築いた功績が認められた。