ニュース

乗用車の排ガス・燃費試験法に国際基準導入

国土交通省・経済産業省は10月31日付で道路運送車両法の保安基準の細目を定める告示等を一部改正し、乗用車の排出ガスおよび燃費算定試験法について、国際基準(WLTP)の導入を開始した。
 現行の排出ガス規制および燃費規制において、現行規定されている日本独自の試験法(JC08モード法)に加え、WLTPを適用できる。
 国ごとに異なる自動車の技術基準の調和を通じ、国際的な部品共通化やそれに伴う環境技術開発への経営資本の投入などが可能となり、消費者にとっても環境性能に優れた車両をより安価に購入できることになるという。