企画記事
2017年3月23日 print

2月・需給解説 トピックス JXTG誕生控え 注目の仕切制度

 4月のJXTG誕生まで後10日間となった。注目の仕切り価格は当面の間、現状のまま「2本立て」という情報がそれぞれの系列において広がる。その一方であるEMG系列仕切りは業転価格との格差が小さく、事後調整なしで透明性が高いとされている。

 このEMG系列仕切りでガソリンをみると、陸上指標とのいわゆる業転格差はほぼ3円程度で推移している。ただ、この傾向が鮮明化するのはEMGが系列仕切りを制度変更した2015年7月以降のことで、それ以前は6~9円の業転格差があったと推計される。他系列と同様以上の大きい格差であり、かつてはEMG系から他系列や商社系傘下への転籍などが頻繁にあった。1年8ヵ月の制度変更の成果が普遍的なものになるのか注目される。