ニュース

石連週報(3月3週)ガソリン出荷3週ぶり不振

灯油在庫は4週連続の余剰感

 石連週報によるガソリン出荷量は、3月第3週(12~18日)が前週比8.7%増、前年比8.9%減の94.1万㌔㍑と不振で、3週ぶりに前年実績を割った。過去5年平均比も5.4%減となり、2週連続で失速している格好だ。
 一方、ガソリン生産量は前週比0.9%増の102.2万㌔㍑に上昇し、3週連続で100万㌔㍑を超えた。輸出は前週の好調ぶりから一転して不振となった。この結果、在庫は前週比2.5%増、前年比1.3%増の173.6万㌔㍑に積み上がり、再び余剰に転じた。
 灯油出荷量は前週比25.6%減、前年比13.3%減の34.6万㌔㍑と大幅な不振に落ち込んだ。在庫は前週比1.7%減の121.3万㌔㍑に取り崩されたが、前年比では3.9%増と4週連続の余剰となった。また、軽油出荷量は8.1%増、3.5%増の66.1万㌔㍑と回復。在庫は2.3%増、11.4%増の159.7万㌔㍑に積み上がった。