ニュース
2017年3月29日 print

東燃ゼネ・関電との石炭火力プロジェクト解消

 東燃ゼネラル石油は3月23日、関電エネルギーソリューション(本社・大阪市)との間で検討してきた石炭火力発電所の建設プロジェクトを解消することを明らかにした。 

 これまで両社は市原火力発電合同会社を設立し、東燃ゼネ・千葉工場の敷地内に石炭火力発電所を建設する計画を進めてきたが、事業性および事業環境の変化などを踏まえ、事業化の検討を継続しないことを決めた。