佐賀・人材確保は採販から

人材確保などで意見交換する佐賀理事会

 佐賀石商(北島喜郎理事長)の理事会が先ごろ佐賀市で開かれ、「人材を確保することが急務」という認識が示された。
 SS業界では人手不足が深刻になっており、残業時間の増加や過重労働が懸念されている。北島理事長は「SSの経営はスタッフの力によることが大きい。良い人材を確保することが健全経営を実現する前提」と強調した。
 良い人材を確保するためには、それに見合った給与、休日や福利厚生などの体制を整えることが求められる。「過当競争よりも適正な利益を確保するような市場環境を実現しなくてはならない」と述べた。