熊本・精版共栄へ環境改善

 熊本石商(三角清一理事長)の支部長会が先ごろ熊本市で開かれ、市場の公正化について意見を交わした。
 三角理事長(写真)は、ガソリン廉売や系列内仕切り格差の問題に関し、全石連が公正取引委員会に対し改善要望した経緯や消費者庁に「消費者に誤認を与える不当表示の撲滅に向けた協力・支援」を要望したことなどについて説明した。また元売の経営統合について、「経営環境は改善されるのではないか」との見通しを示したうえで「SSはもちろんだが、元売もきちんと利益を得てお互いが共存共栄できるような環境にしていかなくてはならない」と述べた。