ニュース

南空知・栗山町と災害協定

協定書を示す酒井理事長㊧と椿原町長

南空知地方石協(酒井茂理事長)は3月27日、栗山町(椿原紀昭町長)と「災害時における石油類燃料の供給等に関する協定」を締結した。

 同町役場で行われた締結式には、酒井理事長と地元組合員でもある古林義弘、上山浩一両副理事長らが出席。酒井理事長と椿原町長がそれぞれの協定書に署名して交換した。

 この後、椿原町長が「栗山町は石狩低地断層帯の上にあり、大規模災害も予想される。災害に強い町づくりのために特段の協力をお願いしたい」と要請。これを受けて酒井理事長は、「災害への対応はまず準備。様々な事態を想定して、普段から備えておいたほうが良い」と協力を確約した。