ニュース
2017年3月30日 print

系列仕切りと陸上指標の格差(3月19~25日)試算5.5~6.6円格差(いわゆるブランド料込み)

3月19日~3月25日におけるガソリンの系列仕切りと陸上現物の指標格差は、いわゆるブランド料(3円想定)を含めると5.5円高~6.6円高となった。この結果、3月平均の格差は4.6円高~5.8円高に拡大した。なお、この格差は比較的、透明性のある代表的な系列仕切り2指標と陸上指標を比較したもの。