ニュース

郵便局・ホンダ 協業で電動バイク実証

日本郵便とホンダは3月23日、郵便配達業務における電動バイク等や郵便局での充電ステーションの実証実験を2018年ごろから行うことを明らかにした。両社は社会インフラ整備に向けた協業検討を開始し、同日、覚書を締結した。
 郵便局では現在、ホンダ製バイクを約8万5千台使用しているが、ホンダが今後開発する電動バイク等の導入可能性を検討し、排出ガス規制が強化されても永続的に配達業務を継続できる体制づくりを目指す。
 また、郵便局に充電ステーションを導入する実証実験を行い、将来的には充電機能を通じ、より利便性の高い「人々の集う場所」として地域に貢献することを目指す。
 一方、ホンダは現有されている郵便配達バイクの保守体制を全国で強化し、最適なコンディション維持を通じて安定、正確、安全な配達業務を支えていく。