ニュース
2017年3月31日 print

エネ庁 2月石油統計速報 内需3.9%減

前年のうるう年影響で減少

 資源エネルギー庁が3月31日発表した2月石油統計速報は、内需が前年のうるう年の影響(3%強)などから前年同期比3・9%減の1554万㌔㍑と3ヵ月連続で前年を下回った。ガソリンは4・4%減の387万㌔㍑と3ヵ月連続で前年を下回った。灯油も3・5%減の250万㌔㍑と2ヵ月連続で前年を下回った。軽油は0・8%減の278万㌔㍑と、4ヵ月ぶりに前月を下回ったが、うるう年影響を除くと堅調に推移していることがわかった。